感冒薬

カイゲン感冒錠

第2類医薬品

特徴
カイゲン感冒錠は、イブプロフェン、クレマスチンフマル酸塩に4つの有効成分をバランス良く配合した総合かぜ薬です。
イブプロフェンは痛みの原因物質(プロスタグランジン)の生成を抑制し、気道粘膜の炎症症状をおさえ、かぜによるのどの痛みや頭痛・発熱を緩和します。
抗ヒスタミン薬であるクレマスチンフマル酸塩はくしゃみ、鼻水、鼻づまりを緩和してくれる成分です。
効能・効果

かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、せき、たん、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭痛、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

用法・用量

次の1回量を、1日3回食後なるべく30分以内に服用してください。

年齢 大人(15才以上) 15才未満
1回量 3錠 服用しないでください
成分

本品1日量(9錠)中に次の成分を含んでいます。

成分 含量 はたらき
イブプロフェン 450mg かぜによるのどの痛み、頭痛・発熱、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛みを緩和してくれます。
クレマスチンフマル酸塩 (クレマスチンとして) 1.34mg
(1mg)
かぜによるアレルギー症状のくしゃみ、鼻水、鼻づまりを緩和してくれます。
ジヒドロコデインリン酸塩 22mg せきの中枢に直接はたらいてせきをしずめてくれます。
dℓ-メチルエフェドリン塩酸塩 60mg 収縮した気管を拡げ、呼吸をしやすくし、せきを抑えてくれます。
ブロムヘキシン塩酸塩 12mg たんの切れを良くし、また粘液の分泌量を増加して、たんを排出しやすくしてくれます。
無水カフェイン 75mg 脳の血管にはたらいて、頭をスッキリさせ、頭重(頭が重い感じ)をやわらげてくれます。

添加物として、セルロース、無水ケイ酸、クロスカルメロースNa、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴールを含有します。

包装 / 容量

30錠、50錠

使用上の注意ほか

使用上の注意などはPDFをご覧ください。

ページトップ