ホーム > 一般向け製品:一般用医薬品 > カイゲンパックIB顆粒

解熱鎮痛薬

カイゲンパックIB顆粒

第2類医薬品

特徴
痛みの原因物質(プロスタグランジン)の生成を抑制するイブプロフェンに、生薬(カンゾウ末、シャクヤクエキス)を配合した顆粒状の解熱鎮痛剤です。
効能・効果

○月経痛(生理痛)・頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛 ・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

用法・用量

次の量をなるべく空腹時をさけて服用します。服用間隔は4時間以上おいてください。

年齢 成人(15歳以上) 15歳未満
1回量 1包 × 服用しないこと
1日服用回数 3 回まで
成分

3包(4.2g)中に次の成分を含んでいます。

成分 含量 はたらき
イブプロフェン 450mg 痛みの原因となる物質(プロスタグランジン)の過剰な生成を抑え、痛みを鎮めます。
無水カフェイン 240mg 痛みを抑える成分の働きを助け、頭痛をやわらげます。
カンゾウ末 300mg 筋肉の痙攣(けいれん)を鎮め、痛みをやわらげます。
シャクヤクエキス 125㎎
(シャクヤクとして500㎎)
筋肉の緊張と弛緩の調節を行い、痛みをやわらげます。

添加物として、D- マンニトール、乳糖水和物、カルメロース、軽質無水ケイ酸、l- メントール、ヒドロキシプロピルセルロースを含有します。

包装 / 容量

9包

使用上の注意ほか

使用上の注意などはPDFをご覧ください。

ページトップ